ココは、俳優『瑛太』応援ブログです(≧▽≦)事務所等とは一切関係ございません。尚、瑛太君に関する否定的な書き込みは禁止します。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■「その時歴史は動いた」激動60日!新政府誕生への道
~小松・大久保・西郷 奇跡の連携~

小松さんをもっと詳しく知りたくて観ました。
でも、小松さんの今までの小さな取り上げ方に、また寂しくもなっちゃいました。

新政府を誕生させた後、なぜ地位が西郷・大久保・小松の順なのか・・・
誕生させるまでに一生懸命動いていた小松さんが西郷・大久保よりなぜ下なのですか・・・
表舞台で動いていたのが2人だからですか?
ショックです・・・悔しいです・・・
しかも、死後、「その名前は忘れられていきました・・・」って解説が悲しすぎます。

今回この番組では小松さんを中心に紹介されていたのですが、人の良さが覗えました。
大河でも人の良さは伝わってきますけど、「庶民派の貴族」と紹介されていました。
色んな人と話をし、時には庶民と一緒に温泉まで入って、そして、各藩の武士から信頼されていた。
そして、小松さんが死んだ後に起こった西南戦争。
小松帯刀が生きていたら起きなかっただろうと言われているそうです。

こんなに素晴らしい方を忘れてはいけないです。
今までなぜ小松さんがピックアップされなかったのか・・・すごく悔しいですけど、一方
今回瑛太君によって、小松さんの名前を多くの人に知ってもらえたことが本当に嬉しい限りです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
見ました(^ω^)!
小松はとてもよき方なのに
知名度は低いですね‥
影にかくれてしまうのは
悲しいことですが、
活躍が徐々に
認められていってるのは
すごいことだと思います。

瑛太くんは小松家御子孫に
会われたようですね
2008/11/20(木) 00:16 | URL | さき #-[ 編集]
さきさん☆
観られましたか!
なぜ?なぜ!?って何度も問いたくなるほど、知名度が低いですよね・・。
でも、今回瑛太君によって小松さんが生き返ったようで嬉しいです。

ご子孫に会われたんですよね。
これもまたお導きなんだろうなって思います。
しかも、撮影の前日に。
2008/11/20(木) 00:45 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
何故忘れ去られたのか、本当に不思議ですね。
実は、明治になってからも小松さんの偉業は続きました。
外国との交渉ごとはすべて小松さんが行っていたようです。

以前、生麦事件と言うのがありましたが、そのような事件が明治になってからも結構あったようで、フランスやイギリスなどと交渉にあたりました。
武器の購入や債務の交渉など、病気の体をおして奔走していたようです。

まだまだ、明治新政府がまともに活動出来ていない時期です。
外国との折衝が上手く行かなければ、侵略の危機もあったはずです。

ここでも、小松さんの活躍が表に出でこない事が悲しい限りですね。

でも、小松さんの偉業を昭和になってからもご存知の方がいらっしゃいました。。。
そのお方はなんと昭和天皇です。
昭和10年、鹿児島に行幸した再、勅使を遣わして、菩提と祭粢料を下賜されています。
実際、小松さんのお墓にて拝見いたしました。。。
当時の朝廷に、どんなに頼りにされていたかが伺えます。

2008/11/20(木) 02:25 | URL | よこ #InlOuoXs[ 編集]
よこさん☆
明治に入ってからの活躍も少しナレーションで聞きましたが、詳しくありがとうございます。
小松さんは生涯を交渉という立場で通されたのですね。
小松さんの人柄があってのことなんでしょうね。

お墓の前にはそのようなものまで。
行かないと分からない情報までありがたいです!
誰からも信頼される小松さんの人柄は何となく瑛太君に似ている気がします。
2008/11/21(金) 23:32 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eita19821213.blog75.fc2.com/tb.php/1190-4bf2341e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。