ココは、俳優『瑛太』応援ブログです(≧▽≦)事務所等とは一切関係ございません。尚、瑛太君に関する否定的な書き込みは禁止します。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本映画navi vol.16 (2009)―TVnaviプラス (扶桑社ムック)日本映画navi vol.16 (2009)―TVnaviプラス (扶桑社ムック)
(2009/05)
不明

商品詳細を見る

アップロードファイル『日本映画navi vol.16』 詳細UPします!

掲載ページはP.38~45の8ページとP.52~55の4ページです。
前者は「ガマの油」で役所監督との対談・後者は「なくもんか」の現場リポート。
あと、西川美和監督のページがP.90・91の2ページあって、「ディア・ドクター」を紹介してます。
瑛太君の写真もあり、西川監督が瑛太君について語っているコメントもあります。

まず「ガマの油」対談の内容は、結構面白く読みました。
キャスティング・映画の内容の話から始まり、撮影話へ。
撮影話では渋谷を走るシーンがゲリラだったことにビックリ!
「頼むからこっちを見ないでくれ」って思いながら走ってました・・・っていう瑛太君の言葉。
正直で笑えました。
あと、役所さんをおんぶするシーン。「軽くはなかったです。」って。
これまた正直。(笑)
役所さんって結構生で見るとガッチリしてらっしゃって確かに重かっただろうな・・・。(笑)

そして、「なくもんか」のリポート内容は、先月号の写真とはまた違う写真が掲載されています。
映画のワンシーンだと思うのですが、マイク片手にインタビュアーになってます。
瑛太君のコメントもちょこちょこあって、映画はまだ観てないのに、読んでいて笑えます。
印象に残ったのは、この映画を作るきっかけになったのは監督が劇場で瑛太君を見てからだとか!
役所さんもそうでしたけど、瑛太君の演技を見て、それにグッときてキャスティングしたとか
そういうパターン多いですよね。何かすごく嬉しくなっちゃいました。
あと、阿部さんが瑛太君のことを「僕が6だったら2ぐらいしゃべらない。」って言っていて、
笑えた後に、「阿部さんは5ぐらいじゃないですか。僕は3ぐらい。」って突っ込んでるのが
何ていい雰囲気なんだろうってこれまた笑えました。ってか、6でも5でも一緒だし!(笑)
そして、「今までシリアスな場面を撮っていたのでお笑いをやっている時の明るい瑛太君が
新鮮でした。笑」って。確かにアンフェアでもシリアスばっかでしたしね。
とにかくこの映画楽しみです!絶対大爆笑する。(笑)

最後に、「ディア・ドクター」。
西川監督が語る瑛太君は、「相場というキャラクターに当初は愛情が持てなかったんですが、
瑛太君に演じてもらってイメージが変わり、すごく好きなシーンになった。」と語っています。
こちらも嬉しいお言葉ですね。以前、「東京フレンズ」で、永山監督も同じような表現をされていたのを
思い出します。「瑛太が演じたから隆司が憎めないキャラクターになったと思う。」と語っていました。
瑛太君ってすごいなぁ。

今回のこの映画雑誌。
映画3つに関しててんこ盛りに掲載されていますので、是非お買い下さいませ!
ちなみに、公式で1日発売になっていた「日本映画magazine」は、5日か6日発売だと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eita19821213.blog75.fc2.com/tb.php/1493-eeca6523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。