ココは、俳優『瑛太』応援ブログです(≧▽≦)事務所等とは一切関係ございません。尚、瑛太君に関する否定的な書き込みは禁止します。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『篤姫』第6回/「女の道」を語りましょうrainbow

すごく切ない回になりましたね 涙涙・・・アップロードファイル
予告で菊本が自害するというコトは知っていたので、菊本の表情1つ1つが切なくて泣けました涙
特に、於一殿を寝かしつけている時の表情は本当に切なくてたまりませんでしたね。
於一殿の生まれた時からお世話をしてきて自分の子供のようにかわいがってきたわけですから
その於一殿がやっと旅立たれるコトで自分の役目は終わったと、そのように感じた上での自害・・・
だったんでしょうか・・・。菊本さんは短い間の出演でしたけど、すごく印象深い方でした。

尚五郎さんといえば・・・
最初のボーっと焦点の合わない表情から始まり、酔っ払って泣き、そして最後まで於一殿を思いやる。
色んな表情が見れた6話となりましたね
ボーっと焦点の合わない表情の時は、隣で見ていた母が『おい、しっかりしろぉぉぉ!!!!!』とTVに向かって
瑛太君の目線に合わせた位置で手を振っていたコトにちょっと爆笑してしまいました。
あと、酔っ払うシーン。ごめんなさい、瑛太君。笑ってしまいました。いや、もちろんいい意味でですよ!!
実に演技が上手すぎて笑えたんです。演技が上手いから笑えるんです。
尚五郎さんが酔っ払ったらああいう風になるんだろうなぁって想像出来たというか、もう私の中で
尚五郎さんはすっかり瑛太君が演じる尚五郎さんなんですよね。瑛太ワールドに入ってます。
酔っ払う尚五郎さんの中に於一殿に対する想い、切なさがすごく伝わってくる演技でしたし
その演技の最後にあの泣きのシーン・・・すんごくすんごく伝わってきましたよ、尚五郎さんの気持ち。
悲し中でも、重荷になってしまうという理由で自分の気持ちを伝えない尚五郎さん。
尚五郎さんっぽいなぁって思いましたけど、次回でも伝えないままなんでしょうか。

次回、於一殿と尚五郎さんのお別れのシーンがありそうです。
お守りを交換するシーン、予告だけでちょっと目頭が・・・
菊本さんの残された手紙の内容も気になるところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
尚五郎さん辛かったですね…おかつさんに重荷になってはいけないからと、自分の気持ちは伝えないと。反対に欧米化しているジョン万次郎は“自分の気持ちは自由、伝えないと自分ではなくなる気がする”…というところが印象的でした。今日の篤姫は見所が沢山で…尚五郎さんも辛かったですが、おかつの教育係りの
菊本さんが自害するのが…驚きました。何故“自害”を選んだのか、おかつが本家の養女に行くことが決まり今まで遣えて来た事が“感無量”だという気持ちは解るけれど、自害を決意させる程の心境が解らなかった…私は歴史にはうとい…でも実は私も、東京在住の鹿児島のおなご(女子)であるんですが。小松刀帯
という人物も初めて聞きました。
同じ鹿児島が舞台という事もあり、
桜島が出てくる度に胸が熱くなるというか…まして瑛太さん演じる尚五郎さんですし。本当に日曜日は楽しみです。ちなみに、ドラマが始まる
オープニング曲の画面のCGが私の好きな“クリムト”の絵を取り入れた作品で、オープニングからあまりの綺麗さにウットリしています。
あそこで胸をつかまれて一騎に“篤姫”の世界へ連れて行かれる…
ドラマの世界へ引き込む手法がうまいなぁと思います。本当にあのCGはナイスです。
2008/02/10(日) 21:23 | URL | のさりん #-[ 編集]
のさりんさん☆
辛かったですね。
尚五郎さんも菊本さんも切なくてたまらない回でした。
>おかつさんに重荷になってはいけないからと、自分の気持ちは伝えないと。
私だったらどうするだろうなって考えてしまいました。
尚五郎さんほど於一殿を好きだったのなら尚五郎さんと同じ行動をとるかなって思っています。
確かにジョン万次郎さんの言う言葉も分かりますし、すごく心に響いたんですけど
尚五郎さんの気持ち分かりますね。
決意に迷われている於一殿を目の前に自分の気持ちを伝えても余計に悩みを増やしてしまう。
>何故“自害”を選んだのか、
う~ん、そうですね。今の世の中では考えられない世界ですよね。
でも、これが昔の日本なのでしょうね。私にも良く分からないですけど・・。
>実は私も、東京在住の鹿児島のおなご(女子)であるんですが。
そうなんですか。私は瑛太君と一緒で父が鹿児島なんです。
ですが、父も小松帯刀さんのコトは知らなかったようです。
私も普段大河なんて観ないのに今は日曜日が楽しみで楽しみでi-237
>オープニング曲の画面のCGが私の好きな“クリムト”の絵を取り入れた作品
ク・・・クリ・・クリムト・・・??
良く存じないんですけど、あのオープニングはすごく印象にはあります。
現在の力を大いに発揮しているというか、すごく綺麗だなぁって。
2008/02/10(日) 22:22 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
切ない
お、お父さん・・・忘れないでよ~尚五郎さんのことi-241
いや、笑えないi-183
それにしても切ないi-240
於一の重荷になりたくないからって、気持ちを伝えないってのも、何か私が悔しくて悔しくてi-238これも相手を思うがゆえの1つの選択なのかなi-241i-195i-195i-195
菊本が於一に言った最後の一言・・・「女の道は一本道」この一言は何か重かったです・・・そう思うと、昔ってホント大変だったんだな・・・
ためてコメントしちゃってごめんなさい・・・i-240
まだ「父の涙」はみてないi-183
2008/02/20(水) 10:54 | URL | choco #-[ 編集]
chocoさん☆
>於一の重荷になりたくないからって、気持ちを伝えないってのも、何か私が悔しくて悔しくて
うん、1つの選択だと思います。
ただ、篤姫が亡くなる前に尚五郎が恋していたコトが伝わると嬉しいなって
個人的には思います。じゃないと尚五郎さんの恋が切なすぎる。
でも、伝わらない方が切ないストールーって感じでいいかもっていうとらえ方もいて。
どっちがいいのか分からないですけど、私は最終的に伝わってほしいなぁ。。。
2008/02/22(金) 23:46 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eita19821213.blog75.fc2.com/tb.php/717-13cad754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。