ココは、俳優『瑛太』応援ブログです(≧▽≦)事務所等とは一切関係ございません。尚、瑛太君に関する否定的な書き込みは禁止します。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『篤姫』第7回/「父の涙」を語りましょうrainbow

あぁ、今回もアップロードファイルアップロードファイルアップロードファイルでした・・・ 最初から最後まで感動ばかりでしたね。
まず、尚五郎さんのシーンを振り返っていくと・・・
初めに、囲碁を打っている於一殿に元気がなく、それに尚五郎さんが渇を入れるシーン。
いつも穏やかな尚五郎さんが言い放った強い言葉の数々・・・胸いっぱいになりました。
涙する尚五郎さんに『尚五郎さんからまた1つ教わりました。』と、於一殿が言った後浮かべた笑顔が
また素敵で、あの笑顔が涙をよりいっそう綺麗に魅せたというか、そんな気がしました。
於一殿の家にお品をお持ちした後に行った最後の囲碁・・・すごく切なかったです。
『私は詰が甘いのです。承知しております。』と笑う尚五郎さん。尚五郎さんらしいなと感じました。
碁を少しずつ片付けていくシーンがまた粋な演出で、最後の1つ・・・最後の囲碁・・・これで最後だと思うと
涙を止めるコトは出来ませんでした。
『友の証』お守りを交換するシーン。生まれてきた時に青と赤のお守りを性的に逆に頂いたという
演出はこのシーンでも活きていましたね。男なのに赤をもらった尚五郎さんは少し情けなく、
女なのに青をもらった於一殿は活発。そして、その2人がお守りを交換するコトで性別に適した色の
お守りになった。きっと、この2人の絆・友情を現すのにはこのお守りは必要不可欠。
この先、敵対していくコトになりますが、最後までこのお守りで演出されるシーンがあるでしょうね。
篭の中に入った篤姫を見送るシーン。ココが一番の号泣ポイントでした。
あの篭のわずかな隙間から見えるお互いの姿、そのわずかな隙間から・・・というのがまた切なくて・・。
お守りを見せる尚五郎さん、於一殿もそれに合わせてお守りをかざす。感動しないわけがありません。
あんなに好きだった於一殿を見送る尚五郎さんの背中が耐えられませんでした・・・。
そして、尚五郎さんの後ろで見送る西郷さんや大久保さんらの姿を見ていると、この先・・・
薩摩藩と姫の間に悲しくて切ない敵対する大きな1つの壁が出来てしまうのかと思うと余計に泣けます

非常に長くなってしまったので今回は尚五郎さんのシーンの感想のみというコトで
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
篤姫
娘の前で何気に、たぬき寝入りする父親の姿…
じ~んと来ますね…

おカツを思うが故に菊本?がした事の意味を自分の気持ちを交えて、いつに無く熱くおカツに言い聞かせていたナオゴロウ。涙がこみ上げてきました

ナオゴロウとお守りの交換するシーンも、言葉にも出来ないけれど深い愛を感じました。離れ離れになる前の切ないシーンだけれど前進する為の別れ。
私だったらナオゴロウを選ぶのになぁ…と思いながら
昔はそういう訳には行かなかったんですよね
2008/02/17(日) 22:31 | URL | りこ #PefwKnF.[ 編集]
りこさん☆
>娘の前で何気に、たぬき寝入りする父親の姿…
現実から逃げたくなる父の本音、すごくジーンと胸を打ちましたね。
最後には於一殿のコトを『愉快であった。』と言った父の言葉にもジーンe-263
>いつに無く熱くおカツに言い聞かせていたナオゴロウ。涙がこみ上げてきました
自分の気持ちを押し殺してきつく言っているのが伝わってきて・・・
瑛太君の流したひとすじの涙が印象的でした。
>離れ離れになる前の切ないシーンだけれど前進する為の別れ。
ナイスな表現ですね!!
昔は自分の意思だけではどうにもならない世界だっただけに本当に切ないです。
前に進むためには離れなければならない・・・あぁ・・・本当に切ない。
こういう世界を観ているといかに今の世の中が幸せかってコトを実感しますよねi-238
尚五郎さん、最初は情けない表情ばかりでしたけど、男らしくなって・・・
結婚したいわ、この人と・・・v-238って妄想に少し入ってしまいました。(笑)
2008/02/18(月) 00:12 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
ちかさん!(^^)!
本当にナオゴロウさんとの…(〃⌒ー⌒〃)∫゛妄想に入りますよね
やっぱり俳優さんが
演じて涙が出ていても
こちらに気持ちがグッと伝わる涙と、そうでない涙とありますよね…。
瑛太くん、素晴らしい俳優!完璧でしたよね 映画「好きだ、」の時とは全く違う感じで不思議ですあおいちゃんと瑛太くん!さすが俳優ですね
しかし篤姫は今後どうなってくのか楽しみです。
2008/02/20(水) 00:29 | URL | りこ #PefwKnF.[ 編集]
りこさん☆
たまには妄想も必要でしょう(笑)
ホントに瑛太君の演技は共演者の方々がおっしゃるように人に
伝えるものがあるというか引き付けるんですよね
瑛太君のファンになったのはもちろん外見の雰囲気もそうですが
演技にも惹かれたので新しい役をするたび惚れ直します
あおいちゃんとのシーンはしっくりきます
これからは二人のシーンが少なくなるのが寂しいですし
今後の展開が切ないと分かっているだけに楽しみ反面やっぱり切ないです
2008/02/20(水) 02:04 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
何回観ても・・・
もう初めから涙なみだ・・・
言葉の1つ1つ表情1つ1つが切な過ぎて涙がとまりませんでしたi-240
篭の中に入った篤姫を見送るシーン。ココが一番の号泣ポイントでした。
そうそう!!!!!!
私もここは耐えられなかったi-240
お守りを於一に見せる尚五郎さんの姿i-240
於一を見送ったあとの背中、地面にうずくまる尚五郎さんの姿何回観ても号泣i-240
ついつい入り込んでしまってi-241

こんな風にして歴史が勉強できたらいいですねi-189
2008/02/27(水) 21:32 | URL | choco #-[ 編集]
chocoさん☆
『篤姫』はどの回も泣けるシーンばかりですけど、この回が一番泣きましたi-241
そして、この回だけは何度も見直しました。
>篭の中に入った篤姫を見送るシーン。ココが一番の号泣ポイントでした。
でしょう??ココはやばいですよねぇ・・・。
泣かずにはいられないですもんe-258
>こんな風にして歴史が勉強できたらいいですね
そうなんですよぉ。こういうきっかけがないと勉強ってしないですからね。
「あんたが大河を観るなんて・・・」と、
瑛太君が出ているだけで必死になる私をあざけるかのように笑う母がいつも隣に・・。(笑)
2008/02/27(水) 21:55 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eita19821213.blog75.fc2.com/tb.php/726-130fb102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。