ココは、俳優『瑛太』応援ブログです(≧▽≦)事務所等とは一切関係ございません。尚、瑛太君に関する否定的な書き込みは禁止します。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国映画雑誌 『movieweek』 ネット記事ご覧になれます!!

先日ご紹介した瑛太君が掲載されている韓国映画雑誌『movieweek』。
コチラの公式サイトに、ネット記事が更新されていました。
雑誌を買わずにネットで、ある程度のインタビューは読めます。
ただ、韓国語ですので、翻訳したものは、続きを読むで、ご覧下さい。
読んでいても翻訳サイトも完璧ではないので、さっぱり意味不明の場所もあります。ご了承下さい。
尚、2つの記事ですが、内容はだぶっていますが、全て翻訳しました。

ちなみに、画像などもありますのでチェックですよ!

movieweek no.1
movieweek no.2
no.2の方は、1番下にフラッシュ画像が設置されています。
色んな表情・色んな角度の瑛太君が楽しめますよ!
画像上にある「Enlarge」をクリックすると大きくプレビューされます。

※雑誌の号に関しては、まだ不明です。
■movie week no.1の翻訳→

『静かな夢想家の遅い疾走 ’瑛太’』
言葉を間違う 4次元青年と言う(のは)うわさがあった. インタビュー時間も短くてあれこれと心配が多かったが, なぜか, 富川国際ファンタスティック映画祭最大スターで韓国を尋ねた瑛太はまじめに答えることができる思慮深い学んだ.

2007年映画<アヒルと鴨のコインロッカー>で瑛太は純朴なブータン人である交換学生 'ドルジだ'とクールする大学先輩 '河崎' 二つの役目を消化した(松田龍平も '河崎'で登場する). 過去と現在値明確に他の主人公キャラクターの姿は瑛太の延期歴史を思い起す. 彼は <嫌われ松子の一生> <好きだ、> などで飛ばない調和な延期で静かに経歴を積んで来てから, ドラマ <のだめカンタービレ>の龍太郎の役を通じてコメディー才能を世の中に知らせた. 子供達スターとは違う, 軽くない存在感で徐徐に領域を広げて行っている彼を見ながら一映画祭関係者は '第 2の浅野忠信になるようだ'と言う期待を表明した. ゆっくり作品を選んでゆっくりキャラクターを作って行く彼の姿は '予備スター'より '延期しゅうと丁稚'に近く見える. ユモマジョ真摯な俳優瑛太との短いが特別だった出会いの記録.


●<アヒルと鴨のコインロッカー>(以下 <アヒル>)にひかれた理由は何か?
(しばらく考え) まずはストーリー展開が好き, 二番目ではキャラクターがとても明確に見える映画だとひかれた.

●同じ河崎を演技した松田龍平と共通された動作を議論したりしたか?
どの位合わせて見ようという話はした. しかし全部決めてしまえば楽しさがないからひどく合わせなかった. タバコをとんとん打つちょっとした手真似位だけ二人で合わせた. 元々親しい友達なので松田龍平の動く時特徴は普段よく分かっている. それでなどが曲がっているまま手足が猫のように垂れている感じとかする部分は私が分かって真似った. 重要なのは劇の中で二つのキャラクターの友情だったが, この部分も元々友達なので自然によく見せてくれることができたようだ.

●ふたりがどんなに友達になったのか知りたい.
高等学校成長映画人 <青い春>で初めに会った. 若い俳優たちがたくさん出演した映画だったが, 特に新井浩文, マツダリュヘと息が合って親しくなった. その頃撮影が終われば電車に乗って三人が一緒に帰ったりした.

●電車に三人で? 輝いたろう.
あまり対話がなくて雰囲気が暗かった.(笑い)

●憂鬱な映画を撮影してイッオソや?
多分普段感じの反映だったろう.

●お互いに対話をしない方か?
三人が集まればそのようになる. ものがない.(笑い)

●(外で <アヒル> DVDを振っていて瑛太が口ずさむボブディランの ‘Blowin’ in the Wind’がずっと聞こえる) この歌を聞く度に思い出すのがあったら?
現場で市や役を引き受けたサマダしてアイパッで聞きながら演習をした. 現場スケジュールがあんまりタイトして寝ることもよく寝る事ができない状態で歌を聞いて見たら頭が ‘自然-こんにちは’(Natural High) 状態になった. そんな軒で司馬らしくて一晩中歌を覚えた思い出が浮び上がる.

●ブータン人である扮装をして鏡を見たらどうだったか?
撮影入って行く前に実際にブータン人に会ってあらゆる話を交わした. 実はブータン人の外貌が日本人とあまり似ていて, 映画の中扮装はむしろ誇張されたように見えると思った. ドルジになった時は羊眉毛が付いている扮装だからスタッフたちが冷やかしたりした.

●<のだめカンダビルレ>の龍太郎の役を除き誇張された演技をしない方だ. 追い求める演技スタイルが別にあることか?
スタイルを念頭に置いて延期をしない. 私のスタイルよりは現場は一人で作って行くのではないから, 何より現場を楽しみたいという心が大きい. 演技については, 相手をどの位感じてその感じの衝動をどんなに表現し出すのかが重要だと思う.

●<のだめカンダビルレ> 以後生活で変化があったか?
(しばらく考え) うーん, 思い出すのとは, その頃いつも金髪をしていて頭がたくさん痛んだ. それで底に常に金髪髪の毛が積もった. 底掃除が大変だった.(笑い)

●どんなことをきっかけに演技を始めたか?
幼い時から俳優になりたかったのではなかった. 原宿を歩いている途中偶然にモデルエーシェンシーからスカウト提議を受けて自然に芸能界に足を入れた. モデルである自体には別に興味と楽しさを感じることができなかった. それでエーシェンシー社長に延期をしたいと言ったら CF オーディションを見ようと言った. CF オーディションも見たがモデルとまったく同じな事だけさせていたよ. 私は他人達と何か他のしたいという意識を行われていた. (前に置かれたチョコレートを見て) チョコレート広告を取る時人々がすべておいしく食べたら, 私はまずく食べたいという式だった. そんな意識たちがつながって延期をするようになったようだ.

●映画 <銀色のシーズン>と <ガマの油>を相次いで撮影した. 二つの映画でどんな点が面白かったか?
<銀色のシーズン>は長野県の雪に覆われた山で 3~4ヶ月の間実際撮影をした. スキーする場面が多くてスキー演習が大変ではあったが, その所で生活しながら感じたいくつかの点がそっくりそのまま映画に盛られたと思う. <ひき蛙の油>は日本を代表する俳優ヤクショコージーの初監督デビュー作だから, 彼の息子役に出演するようになったことだけでも楽しくて嬉しい事だった. 何より印象的だった点は, とても重要な場面で監督様が ‘レッディー, アクション’をする前に ‘楽しみなさい’とおっしゃってくださったというのだ. 撮影の前にそんな言葉を聞いて見たことが一番(回)もなかった. その間忙しすぎて楽しむという心を忘れて過ごしたはずで, 監督様がしてくれたその一言がとても心に触れた.

●作品を選択する時基準があったら?
自ら面白いと感じる人を演技したい. 酒席で十人位がお酒を飲んでいると梔子. その中活逹に酒席を主導する人がいる. 一方隅席に座って言葉も下手で一人で静かにいる人がいる. ふたつの中にどんな方を演技したいかとムルオボンダなら, 私はすみに一人で座っている人にひかれる. その人の内面をのぞき見たい.

●いざ本人は二人の中でどんな人か?
二つの面がすべてある.(笑い)


■movie week no.2の翻訳→

『富川で会った瑛太』
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した <アヒルと鴨のコインロッカー>の主人公エイタが富川国際ファンタスティック映画祭を訪問した. 与えられたインタビュー時間は 30分. 辞書情報では言葉もいなくて, しかも 4次元キャラクターと言った. 緊張してインタビューを始めたがうわさは皆偽りだった. かなりずいぶん前撮った映画だと記憶が日照りするにもかかわらず, 最後まで憶え出しながらまじめに答える姿が印象的だった. 実力のない返事を期待した質問には比較的詳細な例えたりした. インタビュー始終ダンハンボンも崩れないインタビュー姿勢が印象的だった. 低い低音の声には謙遜さが滲んでいる. 助演で倦まず弛まず延期をして来た瑛太は性分自体が穏やかな人だった. 彼に会った映画祭関係者は '未来に浅野忠信みたいな俳優にならないか'と言う(のは)控え目な予測も出した. スターより '演技者'で人生を完成したがる若い俳優. ゆっくり控え目に動く彼の歩みが期待される. 本紙で省略されたインタビューを一歩遅れて公開する.(原作を読んだ方は分かるがキャラクターを言うこと自体がスポイラーになる. 利点勘案して読むのを)

●韓国訪問は初めてなのか?
二回目だ. 携帯電話広告撮影で初めて来た.

●蒼井優, 浅野忠信などとともに取った広告言葉か? はなして来たかった.

それ犯罪だ.(笑い)

●それで堪えた. 冗談で, <アヒルと鴨のコインロッカー>(以下 <アヒル>)にひかれた理由は何か?
(少し考え) まずはストーリー展開が好き, 二番目ではキャラクターがとても明確に見える映画だとひかれた.

●キャラクターが明確なのは何の意味か?
一般的な青春映画で二人が登場してほしい人は性格が明けてした人はちょっと憂鬱な式だ. ところが <アヒル>には東京から来た [時や]という間抜けてみえたキャラクターがあって, [河崎]という神秘なキャラクターがある. 彼らの背景を纎細に描いたと思う.

●小説は読んで見たか?
読んで見た.

●映画する前え?
その前から作家に対する関心はあったが機会がなかった. この作品をするようになりながらすぐ読んだ.

● ドルジと河崎をどんなに区分して演技したか?
(ちょっと考え) 基本的には区別をよくしないようにした. 過去のドルジが現在の河崎を演技することだったりあるが, 根本的にはドルジが持っている悲しみや孤独をよく表現したらと思う心にした. それが一軸になった. 見掛け上ではスタッフ方々がドルジだ扮装をする時は河崎をする時は捨ておいたという差もあった.

●のように河崎を演技した松田龍平ヘと身振りを合わせて見たのか?
二人でお互いにどの位合わせて見ようという赤ちゃんはした. しかし全部決めてしまえば楽しさがないと思った. 例えばささいにタバコをとんとん打つ手真似位は合わせた. 元々友達関係だから普段龍平の動きの特徴をよく分かっていた. そんな部分はちょっと真似をした. などが曲がっているまま手足が猫のように垂れている感じとか. そうなことが友達なので普段よく見て来た関係でよく表現にならなかっただろうか考えをする. また重要なことは劇中二人の間の友情関係だったがこれも元々友達なので自然に出た.

●真似るのを見て松田龍平が私でなくで否定しなかったか?
それはなかった.(笑い)

●松田龍平とはどんなに友達になったか?
<青い春>で一緒に出演した. そこ若い俳優たちが多かったが特に新井浩文, リュヘイして三人でとても息が合って親しくなった. その頃には撮影終われば電車乗って帰宅をしたがいつも三人で一緒に行ったりした.

●電車雰囲気が暖かかったろう.
あまり対話がなかったから暗い雰囲気が敷かれていた.

●映画の影響や?
多分普段感じがあまり反映されなかっただろうか.

●普段お互いに対話をしない方か?
その三人の人が集まればそのようになる. 対話がない.(笑い)

●黙黙と通じる第一良いことみたいだ.
当たる. 恋愛もそうだと思う.

●恋愛は何も言わなければ息苦しい.
そうな時はまた吐き出せば良い.

●(外で引き続き <アヒルと鴨のコインロッカー> DVDをつけて置いていてボブディランの Blowin’ In the Windが聞こえる) この歌を聞く度に気持ちがどうなのか?
現場では市や駅死ごとにさんと子供フォードにあの歌を録音して聞いて演習をした. ところでいつも現場スケジュールがタイトして寝ることもよく寝る事ができない状態で歌を聞いたりした. そうする度に頭が ‘自然こんにちは’ 状態になったまま一晩中歌を覚えたその思い出が浮び上がる.(笑い)

●歌英語発音良かった.
本当に? ありがとう.

●ブタンである延期をしたが扮装した自分を見たらどうだったか?
実際に撮影入って行く前にブータン人に会ってあらゆる話を交わした. 石を投げる方法などを学んだ. ブータン人の外貌が日本人とあまり似ていて, 映画の中にはあまり扮装をたくさんして誇張されて見せないか心配した. マックスドルジになった時は眉毛が付いている設定で扮装をしたから冷やかすことを受けたりした.

●衣装も印象的だった.
ブータン人々体つきが良い方だ. ちょっと野生花みたいな感じだ. みんな体つきが良くて. やっぱり映画の中衣装が誇張されなかっただろうか考えをしたが結果的には河崎と備えになるからよくしたようだと思う.

●ブータンである延期の時は日本語を忘れようと思わなかったか?
(ちょっと考え) うーん, うーん. シナリオを見た時はよく外国人が生半可に外国語する時感じというイメージがあったが, その調節をして行く過程が面白かった. 英語がお上手な時のドルジとまた日本語を徐徐に学んで手探りでするドルジとまた完璧にさせるドルジとその過程, 流れを演技するのが本当に面白かった.

●撮影地仙台印象はどうだったか?(伊坂幸太郎小説の背景は皆仙台だ)
(ちょっと考え) 地方特有の役があってどの位都会の姿は取り揃えたがもう少し出れば山があって海がある. 都市と自然が融化された町内だった.

●のだめ除いて誇張された演技を見せてくれないみたいなのに自分ばかりの演技スタイルがあるのか?
そうするのを思いながら演技しない. 現場は一人で作って行くのではない. 何より現場を楽しみたいという考えが大きい. 演技については相手をどの位感じるのか, そのリアクションでどの位自分が表現になるかどうかを重要に思う.

●作品選択する時基準があったら?
まずは自ら面白いと感じる人を演技したい. 例えば酒席があって十名程度お酒を飲んでいると梔子. その重い人は活逹な性格で席を面白く作る. またどんな人は隅席に座って言葉も下手で周辺人たちしてよくまじることもできなくて一人で静かにいる. そのふたつの中でどんな方を演技したいかと問ったら, そのすみに一人で座っている人にひかれる. その人の内面をのぞき見たいと感じる.

●本人は二人の中でどんな人に近いか?
二つの面がすべてある.(笑い)

●<のだめカンタービレ> 以後俳優として私生活面で変化された面はないか?
その頃思い出すのがいつも金髪頭をしていなければならなくて頭がたくさんいたむせいで底に常に金髪頭が積もっていた. それで底掃除が大変だった.

●(返事に黄あってして) <のだめカンタービレ>で高い人気をあつめるようになったのではないか?
韓国ではそんなようだ.

●どんなことをきっかけに演技を始めるようになったか?
はじめから俳優がとてもなりたいのではなかった. 原宿駅を歩いている途中偶然にモデル事務室でスカウトを受けて自然にこの底に足を入れるようになった. 漠然とドラマ, 映画見るのを好きだったしこのようにしてみると延期ができるか漠然と思っていた. モデルをする当時にはモデル仕事に興味と楽しさが感じる事ができなかった. 延期をしたくてそれを社長に申し上げたらそれでは CF オーディションを一度見ようと言って CF オーディションを見るようになった. ところですべてまったく同じな事をさせていたよ. 私は他人達してちょっと何か他のしたいという意識を行われていた. (前に置かれたチョコレートを見て) もしチョコレート広告をしたら人々が一様にチョコレートをおいしく食べるでしょうに私はまずく食べたいという考えをしている. そんな意識たちがつながって仕事をするようにならなかっただろうか.(笑い)

●- 今まで経歴の中で俳優として大きい変化を経験した作品があるか?

毎度作品をする度に生活を捧げる. 全心と神経を集中するからむしろ作品が終わればそこに対して記憶ができなくなる. それで後で広報をする時とても大変だ. それでその感覚を忘れてしまわアンゲクム現場からシナリオにメモをしておいて後で活用をしたりする.

●演技がおもしろいと思った作品は?
今や昔や変わらないことは演技があまりにも楽しながらつらくて大変だという点だ. この二つのテンションが張り切ているように対立している.

●映画 <銀色のシーズン>と <ガマの油>を相次いで撮影したがどんな点が面白かったか?
<銀色のシーズン>は実際に長野県で撮影をしたがその所は完全雪に覆い被せた山だった. 3~4ヶ月の間その所で撮影をして生活をしたいくつかの点がそっくりそのまま映画に盛られたと思う. 撮影する時スキーするのが多くてスキー演習が大変ではあったが, それでヌンサンでのつらい生活が目立ったようだ. <ガマの油>は日本を代表する俳優役所広司の初監督作品なので息子役に出演するようになったことだけでも楽しくて嬉しい事だった. 俳優出身監督のとても纎細な演出スタイルを感じることができたが, 何より印象的だったことはとても重要な神さまで監督が ‘レデ−アクション’をする前に ‘楽しみなさい’と言ってくれたという点だ. 本シューテングが入って行く前に ‘楽しみなさい’と言う言葉を今まで聞いて見たことがなかった. その間忙しすぎて楽しむのを忘れて過ごしたようで役所監督がしてくれた一言がとても心に触れた.

●次の計画は?
期待しながら待ってようと思う.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
浅野さん、役所さん
なかなか興味深いインタビューを読ませていただきました。
どうもありがとうございました。
第2の浅野忠信ですか、ほう、思わずいいようにあしらわれていたドコモのCMを思い出しました。(笑)
尊敬のまなざしで役所さんを見つめている瑛太くんも目に浮かびました。
2008/08/01(金) 00:43 | URL | たま #1yUEyScU[ 編集]
たまさん☆
ネットで記事がupされてラッキーです。
公式を開いたかいがありました。
>第2の浅野忠信ですか
韓国では、そういう目線なのですねぇ。
私の中にはイメージなかったのですが。
ドコモのCM、そういえばパシリでしたね。(笑)
先日HDにためていたドコモのCMを整理してたんですけど、笑いましたもん。
>尊敬のまなざしで役所さんを見つめている瑛太くんも目に浮かびました。
日本では役所さんとの話は制作発表の時以来なので、聞けて嬉しかったです。
ファンとしても役所さんとの共演は本当に嬉しいですよねi-237
2008/08/01(金) 00:51 | URL | ちか #/qX1gsKM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eita19821213.blog75.fc2.com/tb.php/994-5bb87a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。